移住
||
ふるさとづくり

Philosophy

私たちの理念


私たちは、
情報と体験を共有するための
プラットホームとして
mazStayを運用し、
体験から就業への新しい流れを
作り出しながら、
「新しいふるさとづくり」
を応援していきます。


教室の白黒写真

簡単なことではない「移住」

夢の世界なら、月はもちろん火星への移住だって簡単にユートピアを思い描くことはできます。でも、現実の移住ともなればそう簡単に事は運びません。
子供の教育から毎日の生活、それに一番肝心な仕事のことなど次から次へと課題が出てきます。
それでも、心のどこかに「移住」というテーマがあるなら、その実現に向かって努力していくことも大切です。


足りていないのは
  「新しいふるさとの情報」

インターネットでググれば大抵の情報は手に入れることのできる時代です。
とはいえ、本当に知りたいこと、たとえば日常茶飯の細かな情報は思ったほど簡単には手に入りません。
ただ観光に行くなら何の問題もありません。むしろ何も知らない方が発見があって、旅の醍醐味が感じられます。
ところが移住ともなれば、そうもいきません。
mazStayは、移住を前提にそのまちの日常茶飯の情報をできる限り拾いだし、移住を本気で考えている方々に足りない情報を補う一助となる活動を行っていきます。


体験の場の提供

情報とともに大切なことは、そのまちでの「生活」を体験してみることだと考えています。
だから、mazStayでは地元の方々との協業という形で「生活体験の機会」を作り出し、提供していきます。
その機会を通してまちの人々とふれあい、考え方の違いや共通点を見つけ出し、
新しい生活の礎を育んでいただきたいと願っています。


仕事をいっしょに作り出す

そして、移住にとって大きな課題となるのが「仕事」です。仕事は、家族の未来を切り開く生活のエンジンです。
mazStayは、そのまちの産業を幅広い視点で見つめ直し、新しい産業の芽を育み、生活を支える就業の機会へと育てあげていきます。
体験を通して、その可能性を実感していただく中で、ともに新しい仕事を作り出していくために努力していきます。